トップページトピックス > > KIMES2010視察報告
2010年03月22日

KIMES2010視察報告

韓国はソウルで行われている、韓国最大の医療機器展示会、KIMES2010の視察に行ってまいりました。
さて、今回の目的は去年から折衝している会社の機器の完成度を見に行くためでした。
脳は身体全体の20~25%ほどの酸素を消費する基幹です。
高気圧酸素カプセルの中に入ると、頭がスッキリし、集中力が増えると言うこともこのことから来ているのです。

でも、この事は自覚症状に依存することが多く、数値などで説明することは中々難しい事なのですが、
前回から、検討していた機器がこの分析器。
頭に4極の電極を貼り、簡単な問題を30問解いていきます。
そして脳波の揺らぎや、正解率などから、集中力、右脳、左脳の活性度などを分析してくれます。


測定結果は、年齢の割に若い脳で特に集中力が突出しているという結果でした。
この分析器の良い点は、これに終わらず、分析した結果に基づき弱点を補う訓練プログラムがついている点です。
学習塾、老健施設にもお勧めできる機器だと思っています。
今回はこの会社とも契約に向け、大詰めの折衝をしてまいりました。
数ヶ月後には日本にもご案内できると思っております。
以後ご期待下さい。

2010年03月22日