トップページトピックス > > オノ・ヨーコさん、大使に任命 NYで自閉症の支援団体
2010年04月01日

オノ・ヨーコさん、大使に任命 NYで自閉症の支援団体

【ニューヨーク共同】国連が設けた4月2日の「世界自閉症啓発デー」に合わせ、故ジョン・レノンさんの妻で芸術家のオノ・ヨーコさん(77)を初代の啓発大使に任命する式典が3月31日、ニューヨークで行われた。

 自閉症の国際支援団体「オーティズム・スピークス」が主催する式典にはオノさんも出席。「大使に任命され光栄。アートはこうした問題で世界に関心を呼び起こすのにすばらしい手段だ」とあいさつした。

 オノさんは昨年の啓発デーには自ら制作した「壁画」を発表、破片をインターネットで競売に掛け、売上金を寄付するなど熱心な活動で知られている。

 国連によると、自閉症は先天的な脳の機能障害とされ、発達障害の一つ。コミュニケーションを取るのが困難、同じ行動を繰り返すなどの特徴がある。近年、増加傾向にあるといわれ、米国などで支援活動が活発化している。

米国オキシーヘルス本社も、自閉症学会には必ずFDA認証高気圧酸素カプセルを出展し、お手伝いしております。

2010年04月01日