トップページトピックス > > US Autism and Asperger's Conference Comes to Los Angeles
2010年08月31日

US Autism and Asperger's Conference Comes to Los Angeles

マイケルジャクソンさんの急死で全世界の報道関係者が集まっている、ロス・アンジェルスで2009/7/9~7/12に自閉症とアスペルガー学会が開催されます。

私も米国 OxyHEALTH社とのミーティング及び、学会参加のため2009/7/7から渡米します。

http://www.usautism.org/2009_annual_conference/2009_usaaa_conference_overview2.htm

 

米国においては OxyHEALTH社の高気圧カプセルが

☆汎性発達障害(自閉症)

☆アスペルガー症候群

☆注意欠陥・多動性障害(AD/HD)

☆軽度発達障害

☆学習障害(LD)

☆高機能自閉症

上記のような症状に、高い効果が有ると発表されております。

 

One theory is that oxygen can help reduce inflammation and improve flow of oxygen to brain tissue.

理論的には、高気圧環境及び酸素が脳の炎症を減ら、脳組織の酸素流入を助けることができると発表されております。

 

In the latest study, carried out at six centres in the US, 62 children aged two to seven with autism were randomly assigned to receive 40 hours of treatment over a month with 24% oxygen at increased atmospheric pressure (1.3 atm) or normal air in a slightly pressurised room (1.03 atm).
Children who received the treatment showed significant improvements in overall functioning, receptive language, social interaction, eye contact, and sensory or cognitive awareness.

In all, 30% in the treatment group were rated by doctors as "very much improved" or "much improved" compared with 8% of those in the control group.
Overall, 80% in the treatment group improved compared with 38% of controls.

実際に、62人の2歳児~7歳児の子供達に対し実施したところ、1.03気圧のプラセボ群に対し1.3気圧の治療群が80%の効果があったと発表されております。

治療を受けた子供たちは、全身的に機能することや受容的な言語、社会的インタラクション、アイコンタクトと感覚認識の顕著な改善を示しましたとあります。

 

今回はその代表的な治療施設にも立ち寄り、米国での自閉症治療の現場を視察してきます。

http://www.wisconsinhyperbarics.com/

 

日本でも 高気圧セラピーを増加する自閉症患者様の治療補助で利用する医療機関ができあがりつつあります。

2010年08月31日