トップページトピックス > > オキシーヘルスの高気圧酸素カプセル
2010年09月22日

オキシーヘルスの高気圧酸素カプセル

某社の営業の宣伝文句のひとつに、『オアシスO2のジッパーは1.3気圧まで耐える事はできません。嘘だと思うならYKKに問い合わせて下さい。1.3気圧まで耐えられる為に造っているものはないと回答しますよ。実際にこれは有名な話しですが、ジッパーが加圧中にはじけてしまい、持ち手の部分が目に当たり、失明してしまい訴訟になっています。』

私もその会社の展示会ブースに行き、ICレコーダで録音したのですが、幹部社員だけではなく、社長自らこの様に言っていました。

私はこの事を聞いて笑ってしまったのですが、少し冷静になって考えて頂ければお分かりになると思います。

外部からエアーを入れているのと言う事は、内から外へ力がかかっているので、内側に向かってはじける事は、あり得ない事です。
何よりFDA(米国食品医薬局)の規定でカプセルの耐久性試験が実施され、通常より約3倍以上の圧力をかけカプセルを破裂させます。

写真のようにジッパーからはじける事はありません。わざとそのような事を想定して、他の部分から漏れるような安全構造がなされているからです。

この会社には営業妨害と言う事で、警告書を弁護士から送りました。

自社製品にこれと言った売り文句がない場合、他社製品の有る事無い事を悪く言って自社製品を良く思わせるネガティブ商法を展開します。

是非そのような事を聞かれた場合は、真実を確かめて頂ければと思います。


ソフトタイプの高気圧酸素カプセルとハードタイプには、それぞれに特徴があります。


ソフトタイプメリット
遠征・合宿などで持ち運ぶ事が容易。
省スペース。
気圧が緩徐にかかるので安心できる。
閉塞感が少ない。


ハードタイプ


重厚感がある。
入って直ぐに気圧がかかる


などがあります。


また、ソフトタイプ・ハードタイプも数社が競合している状態です。


まずは消費者に1番注意していただきたいのは
☆病医院などの医療機関や、医師と連携しメディカル的なサポートが得られる。
☆製品が第三者認証を得ている(FDAなど)
☆通常運転気圧 (1.3気圧以上)
☆信頼できる会社や業者から購入する


上記のような事に注意され、分からない事、疑問に思った事を質問し、明確な回答が得られるところから購入する事をお勧めいたします。

2010年09月22日