トップページトピックス > > 岸部 四郎 様宅に酸素カプセル登場!
2010年12月28日

岸部 四郎 様宅に酸素カプセル登場!

岸部四郎さんの主治医のご指示で、自宅に弊社の高気圧カプセルを10月中頃に設置してまいりました。
詳しくは→ http://www.fda-hba.com

四郎さんは脳や視床の部分を患っておら れる為、マイルドな高気圧療法が適していると主治医が判断されたようです。
実際に主治医のクリニックで高気圧カプセルに入られると調子が良いらし く、それなら短期間に集中して回数を入った方が良いという、米国の論文を参考にされ、自宅で集中的に入る事を決定されました。
特に脳は、全酸素摂取の20%以上酸素を消費するに臓器です。


米国では、脳梗塞の予後、脳萎縮、軽い認知症、そしてうつ病、自閉症、発達障害児に、自宅に高気 圧カプセルを設置して1日に40~60分を朝晩や、4時間おきに入らせる事により、症状の改善が早まると報告されています。
ハイパーバリッ ク・ダイブは、1.3気圧~1.5気圧まで気圧を高める事により、直接細胞に行き渡る溶解型の酸素を、通常より大幅に増やす事ができます。
岸部四郎さんにも早く良くなっていただき、復帰していただく事をお祈りします。
この事を四郎さんのブログにも紹介いただきました。
【写真を今回は変更させていただきました。】

2010年12月28日