トップページトピックス > > 夏の甲子園 ベスト4!
2009年08月23日

夏の甲子園 ベスト4!

当社にてオアシスO2貸し出し中の高校もベスト4に進出を果たし、決勝戦進出の切符を目指し今日も熱い戦いをします。
連投に次ぐ連投、炎天下での連戦、合間の練習など、いくら高校生でも疲れはピークを通り越しています。
2006年に、我々オアシスO2が高校野球で使用しされていることがメディアに大きく掲載され大きな話題となりました。
しかしごく一部の人は『そんな高価な物を使ってけしからん』 『高校生らしくない』 などなど、自分の知らないこと、経験したことに対する、根拠のない誹謗、中傷をする人もおり、なぜか堂々と使用することを控える風潮がありました。


金額が高いから高校生が使用してはいけないというのはおかしな話で、医療機関で使用されている高額な医療機器を、若い人たちは平等に使ってはいけないということは無いと思います。
当時に比べ、現在は流通量も増えコストも下がってきています。
高気圧酸素カプセルの原理は以前にも掲載しておりますが、

体に大気圧より高い圧力がかかることにより、血中に溶け込む酸素の量を増やし(ヘンリーの法則)、疲労物質と言われる乳酸の蓄積を防ぐ事です。乳酸は溜まりすぎると、筋肉を酸化させ、筋肉の活動を阻害し、怪我などを引き起こさせたり、パフォーマンスを落とします。その他、怪我や肉離れなど、血管の損傷などで血流が阻害されている部位に優先的に酸素を送り、痛んだ組織の「修復」を早めます。アイシングなどのRICE処置では、低酸素状態をさらに悪化させるので、組織修復の面ではデメリットといわれています。オアシスO2は血流を増やさず多くの酸素を組織に送り込むことができるので、修復を早め、浮腫や腫れ、痛みも軽減させてくれます。

上記のようなメリットがあるので、スポーツに先進的な考えを持っている日本、諸外国の団体やトップアスリート達は、高気圧カプセルオアシスO2を利用しているのです。
競技においては0.01秒という、通常の生活をしている我々では気にしたことがない世界を競っています。0.01秒速く走るために、1cm高く、長く飛ぶために命を削って練習をしているから、我々も感動するのではないかと思います。
高校野球も1試合、1球で球児達の人生に影響を与えることもあります。
だからマッサージなどを施したりするのですが、そこに新しい技術として酸素カプセルが加わっただけの話です。もしそれが少しでも効果があると聞いたら、アスリート達は試したくなるのは当然です。
マッサージや温泉、サウナなども血流を促進させる事により、組織に運ばれる酸素量を増やすことが目的の一つです。
オキシーヘルスの願いは、何も悪いことや違反しているわけでもないのに、後ろめたい気持ちでオアシスO2を使うような風潮が無くなることです。

一部の過剰反応が、酸素カプセルがドーピングにもなるのではないかと言うところまで発展させました。
しかしWADA・JADA共に、"濃縮酸素を添加しない、高気圧カプセルはドーピングにあたらない"という見解を発表をして誤解は解けました。
我々のオアシスO2は100%ドーピングに当たらない製品です。
確かに濃縮酸素を使用している機器は存在しています。
オキシーヘルスのオアシスO2とカワサキのドリームプラスは、濃縮酸素は添加させておりませんので、ご安心下さい。
話は元に戻りますが、残り泣いても笑っても2試合。
悔いの残らない全力プレーを、我々野球ファンは期待しています。

2009年08月23日