トップページトピックス > > 清水哲さん 『車いすの不死鳥』 の出版記念パーティに参加しました
2009年08月29日

清水哲さん 『車いすの不死鳥』 の出版記念パーティに参加しました

野球に詳しい方は、清水哲さんをよくご存じだと思います。
PL学園野球部出身で、高校3年の春・夏と甲子園に出場され、夏の大会決勝戦では9回裏に劇的な同点ホームランを打ちました。準優勝に終わったものの、1年下の後輩の桑田・清原と一緒に活躍されました。同志社大学1年の時、ヘッドスライディングで相手選手と激突。首の骨を折り、重度の障害を・・・。
野球をこよなく愛され、その人格、生き方に惹かれ、桑田氏、清原氏は哲さんに『スピードの速い外車の車いす』をプレゼントされるなど、親交も厚いと聞いております。
パーティには、元PL学園監督、現名古屋商科大学硬式野球部の中村監督や、元プロ野球の同級生などもかけつけ、華やかに盛大に行われました。

『車いすの不死鳥』 野球で障害を受けたにも関わらず、それでもこよなく野球を愛し、どんな逆境にも人生をあきらめないというメッセージが綴られています。
是非お読み下さい。

筋萎縮性側索硬化症になった友人のため、チャリティーオークションを出版記念パーティで開催。
清原和博 氏の引退式の前に、桑田真澄 氏がバッティングピッチャーをかって出た時に、38球投げたボールの1球 ( 島田紳助 さんも1球持っているようです)と、ジャイアンツ時代の清原選手のバットを、慈仁鴻志会理事長の三宅俊耀理事長がゲット!私達オキシーヘルスは楽天の朝井投手のスパイクをゲットしました。

2009年08月29日