トップページトピックス > > エチカの鏡より
2009年10月19日

エチカの鏡より

10月18日放映のエチカの鏡で、オアシスO2を病院サービスの一環として利用されている事が紹介されていました。
『病院などの医療機関はサービス業だ!でも病気などで弱っている人たちに対する接遇が一番できていいないのが、その病院だと思う。』
『伝説のマナー講師・平林都が行く ~高知 病院編~』の冒頭で、平林先生が話されました。
高知県野市中央病院、平林先生の接遇指導によって改善された、病院とは思えない驚きの病院でした。
院長先生はこの改善により、患者数は倍増したと話され、患者様は『この病院以外行きたくない』など、圧倒的な支持をえておりました。

野市中央病院には、病院とは思えない施設が完備されています。
物理療法の一環で使われている、スポーツクラブ顔負けの運動施設。
ランニングマシーンや最新のトレーニング機器に加え、
『ハンカチ王子の斎藤祐樹投手の熱投を支えた、疲労を取る酸素カプセルOasis O2も設置されています』と患者様が利用されている映像も流れておりました。
数年前から、医療機関では患者様の治療効果の促進や、患者様サービスのためのオアシスO2の導入が進んでおります。

病院の接遇を改善し、治療効果を高めている野市中央病院の先進性は高く評価されていました。
オアシスO2もそのお手伝いの少しでもお役に立てていたので、映像として採用されたと自負しております。
ありがとうございました。

2009年10月19日